車を手放す時期のタイミングが重要

車を手放す時期のタイミングが重要

車の買い替え時に、今まで乗ってきた車を売ってしまうケースが多いですが、売る時期によって査定額が大きく変動するのを理解していますか。
売却の時期について紹介しますので、査定する時期を工夫してみてください。
おおむね車の走行距離というのは3つあって、3万キロ以下・5万キロ以下・10万キロ以下とされています。
車の買い替えで査定をお願いする時、測定士が重要視するポイントに走行距離があります。
10万キロ以上の走行距離だと、査定額がガクンと落ちてしまうと言われています。
査定金額を維持するには、走行距離を5万キロ以下を守ることが良いようです。
常に走行距離を頭に入れておき、5万キロに達しそうになったら買い替えを考える頃と認識して良いでしょう。
さらに、中古車買い取り業者の決算期の3月・9月の前の月の2月・8月を狙うのもお勧めです。
中古車の買い取りを行っている業者もやはり、決算期を迎える前は売り上げを上げようとします。
決算期の少し前に車の査定を行えば、普通よりも買い取り査定額を多めに出してもらえることでしょう。
さらには、車検を済ませてから査定に出すことで、金額が違うものと考えている人も少なくないはずです。
車検をクリアしてから売った方が査定額アップが見込めるということはなく、走行距離の方がずっと大切になります。
車検を通すかどうかは、あまり重視されていない点なので、車を高値で売れる時期を頭に入れて査定してもらいましょう。
常に自分の車の調子を知っておくと、ただ売るだけでなく、売却時の査定額アップを狙うことができるのです。