重要な書類は事前に用意!

重要な書類は事前に用意!

車の査定を受ける場合、車だけで事足りるわけではありません。
売ることを決断した際にはまた出さなくてはならない書類が多数ありますが、査定に出すだけでも必要な書類があります。
売ることを想定して査定を受けるのでしたら、はじめに必要書類を準備しておくと安心です。
査定をしてもらう際に不可欠な書類というのは自賠責保険証書と自動車検査証(車検証)の二つです。
書類に不足があると売却はもとより、査定もしてもらえないのでしっかり準備しましょう。
書類をそろえるのが難しい場合は、書類の再発行・再取得をする必要があります。
書類の再発行はそんなに難しい手続きではないので、査定前には絶対に揃えるようにしましょう。
車検証に表示されている氏名が婚姻などで違っている場合は、さらに戸籍謄本も必要になるかもしれません。
車検証の住所が今の住所でない時には、住民票の提出を要求される可能性もあります。
車検証も自賠責保険証書もほとんどの人が車のダッシュボードの中にまとめておいているでしょう。
車内にしまっておかないと法律違反にあたりますので、忘れずに確認しておきましょう。
車検証には型式をはじめとして、年式や自動車種別など、査定を行うに際して欠かせない情報が盛り込まれています。
実際に売る際には、これら以外に実印、印鑑証明書、納税証明書といった書類を揃えなければなりません。
売るつもりで査定をお願いする場合は、早めの準備をおすすめします。
車の価値の相場というものはころころと変わってしまいます。
必要書類の準備が遅れれば、査定額が下がってしまうこともあり得ます。
売ることを決断したら難なく手続きが行えるように、査定してもらう時からもう書類の準備にかかりましょう。